ほくろのレーザー治療

ほくろの場合は、いぼとは違う種類のレーザー治療が効果的です。
ほくろとは、新陳代謝の劣化からメラニン色素の分解力が低下し、凝集してしまったものです。
メラニン色素はもともと紫外線の刺激から肌を守るために生成されるものですが、これが分解されずに残ってしまうと、肌のシミやほくろになってしまうのです。
そのため、日光によくあたる人、紫外線対策を怠っている人などによくできます。ほくろやシミが残っていると、肌が汚く見えてしまうため、どちらも美容の敵です。

ほくろは紫外線を吸収するために、光の吸着率が高い黒い色素を持っています。ほくろの除去には、ほくろのこの性質を利用する方法が効果的です。
紫外線と同様、黒い色素に吸着する周波数のレーザーを用いて、ほくろにレーザーが集中的に照射できるようにします。
こうすることで、他の部分にダメージを与えることなく、ほくろにだけ一点集中して治療を施すことができます。
一点に集中したレーザーは熱エネルギーに転換され、その熱エネルギーによって色素を破壊し、元の肌に戻すことができるのです。